読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC? TOEFL? IELTS?

以前のブログ「英語教育の問題点、改善方法」でTOEICに触れました。

少し注意していただきたいことがあります。

上のブログでは、現時点でわかりやすいようにTOEICと英検を参考資料として取り上げていますが、TOEICは正式な書類として扱われる機会がどんどん減ってきています。

ビジネスの世界ではまだ有効な場合もあるのですが、学校関係、特に大学では、大学院進学や留学審査には TOEFL か IELTS しか認められない大学が増えています。

 

日本の中学生や高校生は、英検やGTEC以外ですと、難易度的にTOEIC(またはTOEIC for studens)ぐらいしか、実力に見合った試験がないため、未だにTOEICが評価対象となる場合もあるのです。

できましたらTOEFL iBTを受験し結果を見たい所です、ですが、出る点数があまりにも低く、参考資料として機能しないのです。

 

TOEICは内容がビジネス中心ですので子どもさんには本来向きません、しかし英語が比較的簡単なため中高生でも点数を取ることが可能です。

 つまりは日本の生徒さんには「ぴったり」合った英語検定が、英検やGTEC以外(以降)は存在しないということなのです。

ですが、世界標準は、TOEICを飛ばして、TOEFLとIELTSです。

 

んっ?他の非英語圏の国はどうしているのでしょうか???

他の非英語圏国では、高校生が普通にTOEFL iBTを受験して、しっかりと点数を確保しているのです。

 

ちなみに、日本の英語力の低さがよくわかると話題になった資料urlを添付いたします。

話題になったのはもう少し前ですが、ここには2015年版を貼っておきます。

https://www.ets.org/s/toeic/pdf/ww_data_report_unlweb.pdf

7ページをご覧いただくとJAPANがいかに低い位置にいるかを実感していただけると思います。

 

日本の英語力がこんなに低いなんて…

英語力をつけるためにはどうすれば良いのでしょうか…

受験英語ばかりやって来た弊害でしょうか…?

 

よくご質問を受けますので、ついでに記載いたします。

受験英語が悪い、日本の学校教育の失敗、との議論もありますが、そのようなことよりも、私は英語に対する心構えがまずはできていないことが問題と考えます。

英語学習はなぜ「楽しく」「遊び中心で」「ことばなのだから自然に」という切り口から入ることが多いのでしょうか?

赤ちゃんが母国語を習得する方法がこのように見えるからでしょうか?

その一方で、日本人の母国語である国語は、小学1年生から教科として存在し、昔より「読み書きそろばん」の重要性を伝統的にうたっています。

国語をまだ習っていない園児の日本語力は、正しく伝わる日本語力ではありませんよね。

 

仕事柄立場柄、多くの非英語圏出身者と接する機会があります。

必ず彼等彼女等に伺います「どのようにして英語を習得されたのですか?」と。

最も多い返答は「読書を頑張りました」です。

「日本の大学受験レベルの英語は中学で終了し、その後はひたすら読書をしていました」と伺うことがとても多いです。

 

未だに日本では「受験英語の弊害」が議論の中心になりがちですが、英語を上手に話す非英語圏出身者は「そのレベルの英語は中学時代に終了していました」とサラッと言ってのけるのです。

この意識の差が最も問題なのではと私は感じています。

 

現状、TOEIC点数を資料として生かさざるを得ないのですが、私たちもサラッと「数年前まではTOEICの点数を語っていましたが、今はTOEFL iBT100 程度は当たり前ですよね」と言いたいものですね。

 

医wayでも、時間の許す限り4技能習得を重視するN's English School方式を採用しています。

ですがN's English School方式は、現代の大忙しのお子様方が、週1回45分レッスンという非常に短い時間で、英語を効率よく最大限習得可能となるよう、私が全エネルギーを傾けて、15年以上試行錯誤し、細部まで磨き上げてきてやっと出来上がった方式ですので(それほどでもないか^^; )、時間を更に短縮せざるを得ない環境である医way(英語以外にもやるべきことが多い)だけでは、N's English Schoolほどの効果はお約束できませんが、それでも、ポイントをお伝えすることは可能です。

どうしても英語にもっと力を入れたいという方は、N's English Schoolにもお越しください。

ですが、一方で私は、N's English Schoolだけではお子様の才能を生かし切れていないとの思いが強く、深く悩み考え勉強し、結果「これだ!」と運命的な出合いを果たしたような気持ちで、医wayを作りました。

ですので、N's English Schoolだけでは不十分です、総合学力を確保できていることが前提です。総合学力に不安のある方は、医wayを優先に、次にN's English Schoolを選択肢としてお考えください。

なお、N's English School個人レッスンはもうこれ以上お受けできませんし、グループレッスンも既存クラスに入っていただくことは大歓迎なのですが、別曜日に新たなクラスを開講することは…ですが熱烈希望者には方法を考えますのでご相談ください。

熱意のある方は全力で応援したいです。

 

子ども達は学校にいる時間がとても長いです。

この現実から目を背けないで、医wayでもN's English Schoolでも、現状の学校教育の良い所を最大限に生かした効率の良いメソッドで、英語総合力4技能強化を目指しています。

医wayでは、英語だけでなく他教科も、学校教育から目を背けることなく、最も拘束時間の長い学校での学びを最大限に生かせるよう、お一人お一人に合った方法を手作りしています。

 

英語は発話すると、たとえ音読でも楽しいです!生徒さん達が生き生きとします!

今日は「不規則動詞の変化表」を皆で音読しました。

医wayの休み時間の定番「音読タイム」を定着させたいと考えています。

広告を非表示にする