読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sちゃん(高3)の成績表 (◎_◎;) (N's English Schoolで助手を務めてくださっています)

f:id:tmglad:20160723000246p:plain

S先生(元生徒さんですので私にとってはSちゃん❤️)はまだ高校3年生なのですが、金曜日N's English Schoolにて、私の助手を務めてくださっています。

 

優秀なのはすでにみなさまご存知の通りです。

それにしても、今日見せていただいた1学期成績表には驚きました!

10段階評価で評定平均9.5。

ちなみに皆勤でもいらっしゃいます。

こんな成績あるのですね ^^;

 

中学生のオール5は何度か見たことありますが、高校3年生でこの成績はめったにお目にかかれません。

 

彼女のすごいところは、常にチャレンジする道を選択されることです。

チャレンジに伴うリスクも痛みもキチンと受け止めて、それらを軽々と乗り越えながら成長し続けていかれるところです。

 

ひとことで言えば心が強いのです。

ではなぜSちゃんは心が強いのでしょうか?

生まれつき強いのでしょうか?

 

いえいえ、私は知っています、彼女がどれだけ繊細で人一倍心の傷つきやすい人でいらっしゃるかを。

不本意な結果の時には人一倍心を痛めていらっしゃいます。

 

ですが、だからこそ強いのではないでしょうか?

「もう二度と同じ思いをしたくない!」

 

二度と同じ思いをしたくないと「逃げる」人もいます。

ですが、Sちゃんのように「じゃあ、二度と同じ思いをしないように、改善しよう!」と「成長する道を選ぶ」人もいるのです。

 

すごいですね(^ ^)

 

成長の道を選択する強さを持ったお子様のご家庭には「失敗しても大丈夫!」という環境があるように感じます。

余白とでも表現すれば良いのでしょうか。

  

「精神的な余白」というのは抽象的でわかりにくいですが、まずは「時間の余白」を持つことから始めてみませんか?

時間にコントロールされるのではなく、自分で時間をコントロールできるようになると、随分と考え方が変化します。

 

時間に追われている小中高生!

まずは時間の余白を作ってみましょう(^ ^)